FC2ブログ

朝晩~続編その2


長岡市といえは、かの連合艦隊司令長官・山本五十六生誕の地

記念館の展示には、長官が撃墜された機の主翼がある

無念のオーラが出てます

館内写真はNGなのでエントランスにある別の展示をパチリ

常在戦場

長岡藩時代から語り継がれる一説・日々緊張感を持って努めよ…と

背筋がシャンとする想いです
スポンサーサイト



朝晩~続編


入院中の仲間はリハビリを始めてました

長岡赤十字病院は信濃川沿いにあり、堤防上を散策

日だまりのあたたかさ、遠く雪を残した山々、桜吹雪

一人優雅な気分を満喫

朝晩冷えます


スキー仲間が試合中転倒・股関節脱臼で現地病院に入院してます

昨日、新潟の長岡市へお見舞い行ってきました

クルマの流れは至ってスムーズ
早く着きすぎるので三国峠を越えると、お花見ポイント発見

ラッキーです

入学式の祝辞

今月は地元の中学校で、入学式の祝辞を話しました。
こんなふうに

祝辞 樹木の新芽が太陽に照らされて光っているように、私たちも成長という階段を、まずは一段登る季節となりました。 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 こんな一説を、聞いたことのある方はいませんか?
「此の道を行けば どうなるのかと 危ぶむなかれ 危ぶめば 道はなし ふみ出せば その一足が 道となる わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ」
 有名人の方が好んで使う一説のおおもとで、一部では一休さんの言葉として紹介されることがあります。が、そうではありません。昭和26年に清沢哲夫さんという方が発表した「道」という詩の一説です。 
 希望に満ちた真新しい制服姿とは裏腹に、見知らぬ同級生、顔も名前もわからない先生方などなど、不安なことも多いことでしょう。
でも安心してください。この場にいる人たちは、少しでも成長したい、前に進みたい、そんな人の力になりたい、こころざしをひとつにした仲間です。
まさに危ぶむなかれ、自らの意思で一歩を踏み出してください。

遠藤校長先生はじめ、教職員スタッフのみなさま。一中には毎年とても優秀な人材が集まると聞いております。生徒たちの成長のために、全力を注いでくださいますよう、心よりお願申し上げます。
保護者のみなさま。お子様のご入学、人生の階段を一段登った今日の姿を、共に喜びたいと思います。またPTA活動にぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
 ご列席の来賓の皆さま。地域の中で、どうかあたたかく生徒たちを見守ってくださりますよう、お願い申し上げます。
 忘れてはいけない、在校生のみなさん。前列にいるのは1年前・2年前の自分たちです。自分だったらこうしてほしいことを、彼ら彼女らにしていただけたら嬉しいです。

最後に新入生のみなさん。「危ぶむなかれ」と言われても、何をどうするか具体策が出ないものです。世の中には上手くいく秘訣・しいては成功法則のようなものが星の数ほどあります。ここに成功のための10か条があるので、覚えてください。・・・10項目は覚えられますか?たぶんムリです。忘れて変えるのがオチです。なので大切なことを一つに絞ります。
ひとつ、やってはいけないこと・ボーっとして何もしていないこと。これだけです。
そうです・・・、わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ。

君たち、あなたたちの成長を心より応援しています。 
以上 

春モード


満開の桜は新芽を装う今日この頃・すっかり春めいてきました

スキーシーズンは終了となり、さっそく山の第一弾スタートです

西東京青梅丘陵を走る15kmのレース・4/6は寒波の襲来で実に寒かった

スタート時の小雨混じりがいつしか雹が降り出しどうなるものかと思いきや、立ち止まると汗冷えするから休んでいられません

なんとなく目標にしていた2時間以内でゴール(写真)

今度は雨模様なのでさっさと帰った

翌日、リザルトを見ると昨年より15分ほど早くゴールしてる!
いや、コースの渋滞が少ないことか実力かは未知数だ

こんなふうに日々リフレッシュしております

原田
プロフィール

harada11

Author:harada11
こんにちは、店主の原田一紀です  1961年生まれ  大卒後石油化学関系会社の営業職を経て、家業の米穀店に入り現在に至る
体を動かすことが大好きで、登山・マラソン・自転車・水泳・スキーと、成績はさておき楽しむことは自称一流  動いた分だけお腹がすくので、食べることも大好き  食への興味も尽きることがありません  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード