FC2ブログ

夏向きのお米

久しく更新してませんでした。

強めの弾力感と、余分なベタベタ感がないのが、九州佐賀の「さがびより」
いま、自宅で食べてます。
スポンサーサイト



がんばろう日本!がんばろう、ふくしま!!

2011年4月14日 お付き合いのある福島県JAそうま飯舘総合支所に災害お見舞い訪問いたしました。

2008年産米まで当地のあきたこまちをコンテナで仕入れていたご縁です。共に仕入れる仲間の米穀店が店を畳んでしまったため、ハードルが高くしばし休止してましたが、2011年分1コンテナを申し込んでいたのです。用水に一切の生活排水が入らない水管理。畜産が盛んなことから、有機質を上手に土壌に還元する栽培環境。このクラスでのお米の旨みは見事でした。
飯館村

12:30 JAそうま飯舘総合支所着
農家さんとの太いパイプとなるのが営農部長の山田氏(写真奥)、支所長の庄司氏(右)と面談。手前はお米や仲間代表の鈴木氏と、お見舞いのご挨拶。
2011.4.14飯舘 006 縮小

以下山田氏談・要旨
 残念だが、今年度の稲の作付けはない。今のところ、先を明言できる根拠がない。
 計画的避難・・といっても、どこに行きどう暮らすか描けない。休業や退職を余儀なくされてしまうことに対して、誰がどう補償してもらえるのだろうか。
 放射性物質の除去に、耕作地の表面土壌5cmを入れ替える方法があるが、村の耕地面積にしてトラック130万台分に相当する。どこから土を持ってきて、どこに処分するか、現実味がない。
 なぜ、原発30km圏外で飯舘村だけ高い放射線量が出たかは、水素爆発のあった翌日の降雪であろう。快晴の日であれば、もっと広範囲の影響になったに違いない。
 報道各社、NHKほか、多くの取材・インタビューが来るが、結局視聴者受けする内容に編集されている。伝えたいことが伝わっていない。韓国のメディアの取材は断った。彼らが真に復興を願っての取材なのか疑問を感じる。
 目に見えない被災は、なにか割り切れないものがあるのだと。

その後南相馬市のJAそうま本所に移動し、お見舞い義援金を渡す
2011.4.14飯舘 011 縮小
代表理事の遠藤氏(左) お米に関しては、JA管内では計画の1/5程度しか実質達成しないと見込んでいる。津波被害、緊急時避難区域、計画避難区域では耕作ができない。また仮に用水を流すと海岸沿いの津波被災地域の地盤が低くなっている為、水浸しの地域が出かねない。

「海岸沿いに行ってみますか」~遠慮しておきました。千葉県から青森の一部まで被災していることを思うと・・・・重すぎます。

当初、お米や仲間の鈴木氏が「お見舞いとして義援金送るだけじゃいかんわ」と、一人で訪問するつもりでした。
「仲間や友達が病んでいたり困っていたら、励ましたりお見舞いします。いつもならJA職員さんが福島駅まで迎えに来てくれるでしょうが、お見舞いに行くのにそれはないでしょう。原田も行きます」ということで同行いたしました。

被災地と、そこに暮らす方々のためにできることは、義援金・節電・経済の活性化。特に福島県は風評という目に見えない被災を全県で負っています。なんとな~く・・とうのはナシにしましょうね。

今日はこのへんにしておきましょう。

ようこそ松戸へ!

りんご生産者の今亘さんが、青森からご来店くださいました。
P1020613_convert_20110202224044.jpg

「おいしいお米を作る人は、肥料にもこだわるはず。」こんなきっかけから、肥料会社の方の一言「お米の肥料はりんごでは葉面散布するんだよ。そんなりんごが美味いんだ。」かれこれ20年近くお付き合いになりました。

今さん曰く、「今の時代、りんごを作るだけではダメ。食べる人の話しもきちんと聞かなきゃね」
ハラダの店の次は、さいたま市の市場に向かうとのこと。出荷組合として、今さんの一部のりんごがあつかわれているそうです。

最近のお気に入り

新米を精米するには、同じ銘柄・産地でも古米とは設定が違います。古米より少ない力加減で白米に仕上がるからです。毎年の経験値で精米の白度調整をし、温度・触感・外見からベストを探るのです。ここで10倍拡大ルーペが手放せません。
101023_2022~01
白米の背中にある筋、筋の間の地肌、割れやヒビは生じていないかがよくわかります。
写真は千葉の新品種「とねのめぐみ」乳白色の粒が多い傾向にあるので新米の標準より、ほんの少し弱く精米するのがベストでした。強く精米すると、乳白色の粒の表面が荒れ炊飯時にデンプン質が流失。食感を悪くする要因になるからです。

ちなみにこの乳白色のお米は通称「シラタ」正式名は「粉状質粒」。稲の成長期に高温条件になり、通常のお米に比べてデンプン質の蓄積が不足したもの。生育条件が厳しい時期に良い種子を残そうとする稲の生体反応のようです。高温条件が稲の成長前期にあたると中央部の白い「心白粒」、後期になると「背白粒・腹白粒」などになります。
召し上がって害はありませんし。但しこの粒の割合が一定量を超えると、明らかにご飯の味が劣るものとなりますから、玄米仕入れ段階の選別チエックは厳しく行っています。安心して召し上がってください。

早朝から大仕事

早朝に店の前に出れば、すでに大型トラック(ウイング車)が停車中。それが5:30
P1020494_convert_20101023111514.jpg

では、始めますかと
ずいぶん昔は平ボディーと言いパネルの無いトラックに幌がかかっていたが、食品輸送はパネル有の車両が運送業界で必須時効になった模様。幸か不幸かパネルが住居庇に当たるため、店舗横の倉庫扉まで入れず。大型台車で往復。若い運転手さんと、私は大型台車で往復。

今日のは山形のお米、コシヒカリ・あきたこまち・ひとめぼれ・こがねもち・その他銘柄になるのは注目の新品種、つや姫。つや姫は減反未達成のため正式名称が許可されない!!

こうして440袋を降ろし終えたのが8:20  さすがにこれだけ運ぶと指先がジンジンしてしまいました
試食が楽しみです
プロフィール

harada11

Author:harada11
こんにちは、店主の原田一紀です  1961年生まれ  大卒後石油化学関系会社の営業職を経て、家業の米穀店に入り現在に至る
体を動かすことが大好きで、登山・マラソン・自転車・水泳・スキーと、成績はさておき楽しむことは自称一流  動いた分だけお腹がすくので、食べることも大好き  食への興味も尽きることがありません  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード